忍者ブログ
こちらでは、どもりの原因や克服方法を紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もしかして、あなたもどもりで悩んでいる方ではありませんか?

どもりの原因は一体なのか?

色々と調べて、今、このページにたどり着いたとお察しします。

おそらく、あなたも・・・

・電話に出る時にどもるからすごく苦手・・・。
・大勢の前ではぜったい喋れない・・・。
・スピーチは特に苦手だ・・・。
・同僚や友達などの視線が冷たい・・・。
・自分が喋っても、相手に全然伝わらない・・・。
・どもり・吃音を一刻でも早く治したい・・・。


このような事で悩んでいるはずです。

でも、ご存じだったでしょうか?

実は、どもりってある方法を行うだけで改善できるんですよ。

最新の脳科学に基づいた、全く新しい方法を公開しています。


どもりの原因はなにか?改善させる為にはどうすればいいか?

この悩みから解放されたい方は、コチラをご覧ください!
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

>>話題の方法でどもりを改善させよう!






吃音になる原因は?








PR
どもりになる原因には様々な説や考え方があるはずですが、はっきりとした原因は未だ解明されていないのが実情です。

しかし、おおまかに分けると2つの原因があると考えられています。

ひとつは精神的なもの、すなわち強いストレスや感受性の強さなどがどもりを発生させるというもの。

そして、もうひとつは器質的疾患によるものです。

例えば、幼児期にどもりが見られたとしても、親や周囲の人があまりにもそれを気にして本人に指摘するなどの行為を繰り返すのはよくありません。

指摘することで本人にも次第に人と違って恥ずかしい、悪いことだという意識が芽生えてしまい、その恐怖と強いプレッシャーから、ますます症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が進んでしまうということがあるのです。

また、両親のしつけが厳しい、ストレスの多い環境であるなどということが原因となって、どもりを起こしてしまうこともあります。

もうひとつの原因の器質的疾患というのは、頭部から首部分の発語筋や、横隔膜、声帯などの機能に何らかの問題があるためにどもりが出るというものです。

また、非常に強い急激なストレスにより、発作的な痙攣が起き、どもりがでてしまうと言った場合もあるでしょう。

いずれにしろ、ストレスが影響を与えていることが特に多く、呼吸器系とのミスマッチを起こしてしまうことが原因に通じるという考え方が有力なようです。

どもりは女性と比べたら圧倒的に男性が多いのは、幼い時から干渉が多く、過剰なプレッシャーがかかりやすいからという考え方もありますが、根本的な原因はわかっていません。


どもり 克服

周りの人が考えているよりも、患者本人が深刻に悩むことが多いのが吃音症です。

吃ってしまうことを気にするせいで、余計に吃りがひどくなってしまうことも少なくありません。

ただ、それは、「吃りの原因は心因性のものである」という固定観念からいわれてきたことなのです。

昨今では、緊張が吃りの原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)なのではなく、吃るから緊張するのだという認識が定着しつつあります。

吃音症の原因がはっきり解明されているわけではありません。

でも、吃音症がいくつかの種類に分類(難しい名前が付いていることもよくあります)されることがわかっています。

まず、自分が吃っていることを自覚している状態を「大人の吃り」、無自覚な状態を「子供の吃り」と分類していますし、他にも、吃りの症状の違いからも分類できます。


・連続型のどもり
これはドラマ「裸の大将」でも知られる典型的などもりで、「あ・あ・あ・ありがとう」のように、言葉の出だしが重複してしまうのです。


・伸発型のどもり
これは「あーーりがとう」のように、言葉の出だしが伸びる症状です。


・難発型のどもり
これは言葉の出だしがなかなか発せられず、会話に間があいてしまうどもりになります。


・中阻型のどもり
これは言葉の途中で声が出なくなり、会話が中断したように間があいてしまうどもりです。


・混合型のどもり
吃りを気にするあまりに、別のタイプのどもりも併発する症状です。

例えば伸発型のどもりを気にするあまりに連続型も併発し、「あ・あ・あ・あーりがとう」といったようになってしまいます。

このような場合には、心因的な原因も大きく関わっているといえますね。




どもりの治療には、様々なものがあります。

どもりの原因は主に心因性によるものということから、薬物療法、催眠療法、呼吸療法などによって、気持ちを落ち着け、リラックスさせるという治療方法がとられます。

不安や緊張、ストレスを取り去ることで、どもりの症状の緩和に効果がありますが、それと同時にトレーニングをしていくことで、より効果があがるでしょう。

どもりの原因の一つとして、声を出す発声器官のコントロールができていないこともあるためです。

どれだけ心を落ちつけても、肝心の発声器官のコントロールが行えなければどうにもなりません。

吃音症の人は、声を発する時に言いたい言葉を正しくスムーズに出せないという癖がついている場合があるのです。

その癖を直すためのトレーニングを行うことで、どもることなくスムーズに話ができるようになります。

癖には個人差があり、また、どもりの症状や年齢、生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)環境によってもトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)方法が違ってきます。

うまく音を出せるように、ゆっくりと音を伸ばす訓練を行う人もいれば、どもってもいいからとりあえず、繰り返し発声練習をする人もいるでしょう。

忙しい社会人ならば、専門家によるDVDを見ながら自宅でご自身のペースで行う事も出来ますし、まだ小さなお子さんなら、ことば教室などに通うのもいいでしょう。

ことば教室(何かを教わるのであれね、そのクラスの人?も重要になってきます。多人?のクラスになるほど、一人一人に合わせられなくなるでしょう)は、大人向けに開催しているところもありますから、ぜひ利用してみてください。

より本格的に、効果的なトレーニングをしたい場合には、医療機関に出向いて専門家によるトレーニングを行うこともできます。

どもりに限らず、癖というのはなかなか治らないものですよね。

トレーニングがすぐに結果に繋がることはないので、結果を伴うにはそれなりの時間がかかります。

長期戦になりますから、モチベーション維持のためにも、一人でトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)するのではなく、ことば教室や医療機関でのトレーニングをおすすめします。




吃音症(有名人が吃音症を克服した方法を調べてみると励みになるかもしれませんね)の原因は、現代でも完全に解明されたわけではなく、人それぞれの環境などによっても違いがあります。

原因がわかっていれば、検査や治療の見通しが立てやすいのですが、環境要因、肉体要因、心因的要因と様々な要因が複雑に関与しあって発症することも多いのです。

まずは、その発症の仕方や時期から、あるていどの判断をすることが多いでしょう。

それによって、心因的な要因を探ったり、ホルモンバランス、聴覚、発音力、言語力などを検査したり、場合によっては、MRIなどを使って脳の検査をします。

吃音症は、初期の間は比較的治療が簡単といわれていますが、心因的要因によって再発したり、症状が悪化することも多いのが特徴です。

このため、呼吸法などの訓練やトレーニング、心理療法なども取り入れながら原因を究明するための検査を進める可能性もあるかもしれません。

吃音症(近年では、「英国王のスピーチ」が吃音症をテーマにした映画として有名ですね)の検査で難しいのは、その原因によって検査する科に違いがあるということです。

例えば、脳に問題がある場合には脳神経科、聴覚に問題がある場合には耳鼻科、心因的要因が大きい場合には精神科や心療内科といった具合に、原因によって受診する科が違うので、なかなかその原因が突き止められないことも多いのです。

子どもの場合には、家庭や家族などの環境要因や聴覚障害が原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)の場合も多いため、まずは耳鼻咽喉科での検査をおすすめします。

大人になって、突然、吃音症を発症した場合には心因的要因であることが多いため、まずは心療内科(患者一人当たりにかける時間が長いことが多く、完全予約制となっている病院も少なくありません)や精神科(脳神経系の疾患が原因の場合には、神経内科を受診します)を受診してみましょう。




商品紹介
 次のページ

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]