忍者ブログ
こちらでは、どもりの原因や克服方法を紹介しています。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どもりの治療には、様々なものがあります。

どもりの原因は主に心因性によるものということから、薬物療法、催眠療法、呼吸療法などによって、気持ちを落ち着け、リラックスさせるという治療方法がとられます。

不安や緊張、ストレスを取り去ることで、どもりの症状の緩和に効果がありますが、それと同時にトレーニングをしていくことで、より効果があがるでしょう。

どもりの原因の一つとして、声を出す発声器官のコントロールができていないこともあるためです。

どれだけ心を落ちつけても、肝心の発声器官のコントロールが行えなければどうにもなりません。

吃音症の人は、声を発する時に言いたい言葉を正しくスムーズに出せないという癖がついている場合があるのです。

その癖を直すためのトレーニングを行うことで、どもることなくスムーズに話ができるようになります。

癖には個人差があり、また、どもりの症状や年齢、生活(ささいなことの積み重ねですが、疎かにしているとある日大変なことになるかもしれません)環境によってもトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)方法が違ってきます。

うまく音を出せるように、ゆっくりと音を伸ばす訓練を行う人もいれば、どもってもいいからとりあえず、繰り返し発声練習をする人もいるでしょう。

忙しい社会人ならば、専門家によるDVDを見ながら自宅でご自身のペースで行う事も出来ますし、まだ小さなお子さんなら、ことば教室などに通うのもいいでしょう。

ことば教室(何かを教わるのであれね、そのクラスの人?も重要になってきます。多人?のクラスになるほど、一人一人に合わせられなくなるでしょう)は、大人向けに開催しているところもありますから、ぜひ利用してみてください。

より本格的に、効果的なトレーニングをしたい場合には、医療機関に出向いて専門家によるトレーニングを行うこともできます。

どもりに限らず、癖というのはなかなか治らないものですよね。

トレーニングがすぐに結果に繋がることはないので、結果を伴うにはそれなりの時間がかかります。

長期戦になりますから、モチベーション維持のためにも、一人でトレーニング(何かの目的を持って行う訓練のことをいいます)するのではなく、ことば教室や医療機関でのトレーニングをおすすめします。




PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
商品紹介
どもりになる原因とは?  HOME

material:web*citron  template:ゆずろぐ

忍者ブログ [PR]